DJダイノジ

2005年仕事がなかったダイノジ大谷にrockin'on兵庫慎司氏がDJを薦めて始動。そのうち大谷の前でダイノジ大地がパフォーマンスをし始めて今のスタイルに。
2005年12月より企画制作するDJイベント「ジャイアンナイト」始動、
2005年COUNTDOWN JAPAN FESTIVALでフェス初参戦。

2006年、DJパフォーマンスでやっていたエアギターで大地が日本大会、世界大会で優勝。きっかけはDJでのパフォーマンスだったことはあまり知られてない。
2006年NHK紅白歌合戦出演、2007年大地エアギター世界大会で連覇、SUMMER SONICでもDJで出演。
客3人からスタートし、20分後には2500人動員の奇跡、客席には涙の人も。
2009年夏のROCK IN JAPAN FESでDJ BOOTH最多動員(当時のコピーは、漫才もできるプロDJ(笑)。)

またDJパフォーマンスから派生したユニット・豊満乃風もCDデビュー(大地がメンバー、大谷がプロデュース)。好セールスをあげる。

2011年COUNTDOWN JAPN FESTIVALではカウントダウンを務め、1万人を動員。同時刻唯一の入場規制となる。

2012年ニコファーレにてパフォーマンス、瞬間最高はニコニコ動画とUSTREAM合わせて13万人が視聴。関係者の度肝を抜く。

2013年満を持してクラブクアトロ全国ツアー開催。

笑えて泣けて熱い、ダンサーによる振り付けもあるのでクラブ初心者にも優しい、そのDJスタイルのフォロワーも増えているエンターテイメントDJの風雲児。